火災報知器の設置が義務づけられています

消防法が改正されたことによって、一般家庭の各住宅に火災報知器の設置が義務づけられました。近年、住宅火災の犠牲になる原因の、40%が火災に気づくのに遅れたためであることがわかっています。

特に、都心では住宅が密集しており、一つの火災で何世帯も被害にあいやすく、高齢者の一人暮らしが増えたことも被害が増加する要因となっていました。火災が初期の段階で気付くことができれば、住宅火災よる被害を抑えられるということで、火災報知器の設置が義務づけられることになりました。火災報知機は設置場所も定められています。

火災報知器にはいくつか種類があり、火災報知器には、熱を感知できるタイプ、煙を感知できるタイプ、炎を感知できるタイプなどがあります。熱を感知できるタイプのものでは、火災報知器が設置してある周囲の、温度上昇を感知します。急激な温度上昇ではなく、緩やかな温度上昇の場合、感知することが難しいのが差動式スポット型感知器です。これに対して、定温式スポット型感知器は温度が一定以上になると感知するので、緩やかな温度上昇でも反応することができます。

新築の家であると、火災報知器だけでなくスプリンクラーが設置されている場合もあります。火災報知器が設置されていなくても、特別な罰則はありませんが、自分や家族の命を守るためにも、定められている通りに設置しましょう。

関連記事

新着記事

no image

台風に備えて水害対策グッズを準備しよう

台風のシーズンになっていますが、水害対策は十分にされているでしょうか?...

記事を読む

防災グッズチェックリストでいざというときの備えを万全に

防災グッズチェックリストでいざというときの備えを万全に

長岡震災アーカイブセンターきおくみらいでは、防災グッズのチェックリスト...

記事を読む

災害に備えて車に積んでおきたい防災グッズ

災害に備えて車に積んでおきたい防災グッズ

震災などが発生した場合は、基本的には避難に車を使うことは推奨されていま...

記事を読む

ペットのための防災対策

ペットのための防災対策

ペットの同行避難も、避難所でのペットとの同居も、周囲の方に迷惑をかけな...

記事を読む

災害時のペット避難対策

災害時のペット避難対策

もし、あなたが被災したら、ペットをどうすればいいのか、きちんと対策を考...

記事を読む

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

この投稿のコメント・トラックバックRSS




管理人にのみ公開されます

no image
台風に備えて水害対策グッズを準備しよう

台風のシーズンになっていますが、水害対策は十分にされているでしょうか?...

防災グッズチェックリストでいざというときの備えを万全に
防災グッズチェックリストでいざというときの備えを万全に

長岡震災アーカイブセンターきおくみらいでは、防災グッズのチェックリスト...

災害に備えて車に積んでおきたい防災グッズ
災害に備えて車に積んでおきたい防災グッズ

震災などが発生した場合は、基本的には避難に車を使うことは推奨されていま...

ペットのための防災対策
ペットのための防災対策

ペットの同行避難も、避難所でのペットとの同居も、周囲の方に迷惑をかけな...

災害時のペット避難対策
災害時のペット避難対策

もし、あなたが被災したら、ペットをどうすればいいのか、きちんと対策を考...

もっと見る

PAGE TOP ↑